TCAについて

ごあいさつ

 

会長 田中 孝司

 

一般社団法人電気通信事業者協会は、電気通信事業者共通の課題への対処等を通じて、電気通信事業の健全な発展と国民の利便性向上に資することを目的に1987年に設立されました。

ICT(情報通信技術)は、その普及・発展に伴い、社会・経済活動や国民生活に不可欠な重要な社会インフラとして、その役割がますます増大しており、ICTの利活用は、生産性の向上、雇用の創出、新たな付加価値の創造・新市場の創出、安全で災害に強い社会の実現など、経済成長のための重要な鍵となるとともに、我が国を取り巻く様々な社会的課題の解決に大きく貢献することが期待されています。

政府においても、ICTを経済成長のエンジンとして位置づけるとともに、課題解決の需要なツールとして、積極的かつ果敢にICTを利活用する「世界最先端IT国家創造宣言」を改定し、2020年までに世界最高水準のIT利活用社会を実現することを目標に取組を進めることとしています。

このような中、当協会は、ICTの中核を担う電気通信事業者を構成員とする一般社団法人としての社会的責任を果たしていくことが大きな使命と考えております。2015年度におきましても、国民生活を支える重要な社会インフラとして、通信ネットワークの安全性・信頼性の向上を図るとともに、消費者支援や社会貢献に関する取組を強化して参ります。国民の皆様の利便性向上を第一として、情報通信産業の一層の発展を目指し、会員一同切磋琢磨のうえ力を尽くして参ります。

2015年6月