プレスリリース

~有害情報への取り組み~ 有害サイトアクセス制限サービス (フィルタリングサービス)利用状況について

2013年5月 2日

一般社団法人電気通信事業者協会
Telecommunications Carriers Association

一般社団法人電気通信事業者協会(TCA)と携帯電話・PHS事業者各社は、違法・有害なサイトへのアクセスを制限する「有害サイトアクセス制限サービス」(フィルタリングサービス)の認知拡大及び利用促進に積極的に取り組んでいます。

平成25年3月末時点のフィルタリングサービス利用状況は以下のとおりです。

また、青少年におけるフィルタリングサービスの利用実態の把握に資するため、今回は、平成25年3月末時点における年齢層別に見た携帯電話・PHSのインターネットサービス契約者のフィルタリングサービス利用率も掲載いたします。

今後も引き続き、関係事業者が連携し、更なる取組みを進めてまいります。

 

携帯電話・PHS事業者各社のフィルタリングサービス利用数実績

◆携帯電話・PHS事業者全体のフィルタリングサービス利用数は平成25年3月末時点で約828万件となりました。この3ヶ月間で約3万件減となっています。

 

20130430.gif

 

 

 

◆携帯電話・PHS事業者各社別 フィルタリングサービス利用数実績 

事業者

平成25年3月末
DCM 3,398,900
KDDI 3,003,700
SBM 1,234,900
WM 638,300
EA 2,900
8,278,700

                                    ※100未満四捨五入

年齢層別に見た携帯電話・PHSインターネットサービス契約者のフィルタリングサービス利用率

平成25年3月末時点での、12歳以上~15歳未満(中学生程度)、15歳以上~18歳未満(高校生程度)の携帯電話・PHSインターネットサービス契約者における、フィルタリングサービス利用率は以下の通り。

12歳以上~15歳未満
契約者

15歳以上~18歳未満
契約者

65.7% 46.5%

 

※各事業者のサービス内容については携帯電話・PHS事業者各社にお問い合わせください。

   http://www.tca.or.jp/mobile/filtering.html

 

 

 

前のページへ戻る