エコICTマーク

 

「エコICTマーク」とは

 

電気通信事業者等が適切に省エネルギー化によるCO2排出削減に取り組んでいる旨を表示するためのシンボルマークです。普段の取組に「自己評価」、「公表」、「協議会への届出」という3つの手順が加わるだけですから、ぜひエコICTマークを活用してください。

 

ecoict_mark.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エコICTマークは、毎年12月末日迄を有効期間としています。

協議会への届出は、事務局までお願いします。

 

一般社団法人電気通信事業者協会 内

URL https://www.tca.or.jp/

e-mail enq(at)tca.or.jp

※スパムメール対策のため、@を(at)として表示しています。

 

 

 

「エコICTマーク」を使用する電気通信事業者等

 

電気通信事業者等の名称

チェックリスト掲載URL

初回登録日

最終更新日

日本電信電話株式会社

http://www.ntt.co.jp/kankyo/management/

guideline/ecoict.html

2010/6/24

2018/12/5

KDDI株式会社

http://media3.kddi.com/extlib/files/corporate/

csr/csr_report/2016/pdf/report2016_09.pdf

2010/6/25

2018/12/4

ソフトバンク株式会社

https://www.softbank.jp/corp/csr/

global-environment/environment/

2010/6/29

2018/12/28

西日本電信電話株式会社

https://www.ntt-west.co.jp/kankyo/checklist/

2010/7/13

2018/12/21

NTTコムウェア

https://www.nttcom.co.jp/csr/eco-ictmark/

2010/7/14

2018/12/12

株式会社NTTデータ

http://www.nttdata.com/jp/ja/corporate/csr/

environment/activities/eco_ict/index.html

2010/7/16

2018/12/11

東日本電信電話株式会社

http://www.ntt-east.co.jp/ecology/

envi-management/corp_ecoict.html

2010/7/21

2018/12/14

NTTコミュニケーションズ株式会社

https://www.ntt.com/about-us/csr/eco/ecoict.html

2010/7/22

2018/12/14

株式会社NTTドコモ

https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/csr/

ecology/environ_management/label/eco_ict/

index.html

2010/8/5

2018/12/12

株式会社NTTファシリティーズ

http://www.ntt-f.co.jp/csr/ecoict/

2010/8/10

2018/12/21

株式会社ピーク

http://www.peak.ne.jp/icteco/

2010/9/21

2018/12/26

株式会社ケイ・オプティコム

http://www.k-opti.com/csr/environment/

2013/3/25

2018/11/15

 

 

 

エコICTマークの制作にあたって

 

エコICTマーク制作者にお話をうかがいました。

 

―制作依頼があった時は、どんな感想でしたか?

普段は、企業の業務内容とかイメージが比較的判っていたりするのですが、今回の依頼に関してはイメージがハッキリ見えていなかったことから正直悩みました。 結局、今後広く使用されるマークであり、残っていくマークであることという思いから検討に入りました。

―制作にあたってイメージされたものはありますか?

ecologyのeのみでなく、electronicsやe-commerceのeをも連想させるイメージで制作しました。また、冷たい印象を避けるため、自然を身近に感じられるよう植物の芽を出してみました。

―マークに込めたメッセージは何ですか?

情報通信技術が進歩している現在において、環境や自然に対しても、より一層目を向けていく必要があるというメッセージを込めました。

―制作過程で特にご苦労されたことはありましたか?

ICTという機械的に感じるものと、ecoという自然的なものとの調和を、どの様にうまく組み合わせればよいのかという点に苦労しました。 人によって、ICTやecoに対する感じ方には違いがあるため、自分の中でICTと何だろう、ecoとは何だろう、というところを再確認しつつ重ね合わせてみました。

―エコ協議会に期待することはありますか?

自分たちが利用している装置がどれだけCO2を排出しているかということを知ることで、少しでも環境に配慮出来るようになればベストだと考えます。 また、ICTといわず、その他の分野のecoについても検討していっていただければと思っています。

 

kakitani.png

 

 

 

 

 

[エコICTマーク制作者]

株式会社ブルーダイヤモンド 代表取締役 垣谷まこと