プレスリリース

「歩きスマホ」の実態および意識に関するインターネット調査について

2015年1月23日

一般社団法人電気通信事業者協会

 

~半数近く(44.8%)が「歩きスマホ」をしていると回答、

3人に1人は「歩きスマホ」でぶつかりそうになった経験あり~

 

一般社団法人電気通信事業者協会(TCA)では、「歩きスマホ」の実態および意識に関するインターネット調査を実施いたしました。

調査は、2014年12月11日(木)から14日(日)の4日間、東京23区・名古屋市・大阪市・福岡市・札幌市在住の15歳~69歳の男女スマートフォン保有者を対象に行いました。

調査結果の概要は以下のとおりです。

調査結果サマリー

  • 普段、「歩きスマホ」をしている人は44.8%と半数近く。特に、「歩きスマホ」をしているのは女性10~30代と男性10~20代。
  • 3人に1人は「歩きスマホ」でぶつかりそうになった経験あり。
  •  「歩きスマホ」で実際にぶつかったり、ぶつかられることが多いのは駅。特に、「駅の通路」での接触が多い。
  •  「歩きスマホ」は増えていると思っている人は全体の85.5%、学生では91.2%が回答。
  •  「歩きスマホ」は迷惑だと思っている人は全体の91%。しかしながら、男性の10~20代のみ、迷惑だと思っている人は全体と比較してやや少ない。

 

【調査実施概要】

・  調査対象:東京23区、名古屋市、大阪市、福岡市、札幌市在住の15~69歳男女スマートフォン保有者600人

・  調査手法:インターネット調査(調査機関:株式会社クロス・マーケティング)

・  調査期間:2014年12月11日(木)~12月14日(日)

 

※ 調査結果に関する詳細は次のURLにてご覧いただけます。

http://www.tca.or.jp/press_release/pdf/150123sumahochosa.pdf

 

一般社団法人電気通信事業者協会と携帯電話・PHS事業者4社(株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社、ワイモバイル株式会社)は、急速に普及が進むスマートフォンのご利用マナーについて、「やめましょう、歩きスマホ。」事業者共同啓発キャンペーンを2014年1月と7月に実施いたしました。本調査結果を踏まえ、今後とも引き続きマナー向上に取り組んでまいる所存です。

 

(ご参考)「やめましょう、歩きスマホ。」啓発キャンペーンプレスリリース

http://www.tca.or.jp/press_release/2014/0121_619.html (2014年1月21日発表)

http://www.tca.or.jp/press_release/2014/0718_640.html (2014年7月18日発表)

以上

前のページへ戻る