「PINコード」を設定しよう

SIMカードには、「PIN1コード」「PIN2コード」という
2つの暗証番号を設定できます。
(WILLCOMは「PIN1コード」のみ)

PIN1コード

第三者による無断使用を防止するため、SIMカードを携帯電話端末に差し込むたび、または電源を入れるたびに使用者を確認するために入力する4~8桁(WILLCOMは4~16桁)の番号(コード)です。この入力により、携帯電話からの発着信、端末操作が可能になります。

PIN2コード

ユーザー証明書利用時や発行申請、積算料金情報のリセットなどを行なうときなどに利用する4~8桁の暗証番号です。

PIN1コードのご利用方法

PIN1コードON/OFF設定を「ON」に設定すると、電源を入れたときにPIN1コードの入力が必要になります。正しいPIN1コードを入力しない と、電話の発信・着信、各種通信機能の操作ができません。PIN1コードを3回(WILLCOMは10回)連続して間違えると、自動的に「PINロック」 がかかります。なお、「PINロック」がかかると一切の操作が行なえなくなりますので、押し間違いにはご注意下さい。

PIN2コードのご利用方法

PIN2コードON/OFF設定を「ON」に設定すると、ユーザ証明書の操作時や、FirstPass対応サイトに接続するときにPIN2コードの入力が必要になります。PIN2コードを3回連続して間違えると、自動的に「PINロック」がかかります。(ソフトバンク携帯電話の場合、PIN2コードは常に「ON」に設定されています。)

「PINコード」の設定方法など詳しくは、各社ホームページでご確認ください

 

「PIN コード」を設定しないで携帯電話を使用していると、電話機の紛失や盗難などの際に、SIMカードを差し替えて、第三者に利用されてしまう可能性があります。 また、海外での紛失・盗難の際には、ご利用の携帯電話会社への連絡が遅くなり、トラブルに発展してしまうこともありますのでご注意ください。 なお、紛失・盗難の際は海外国内を問わず、すぐにご利用の携帯電話会社へご連絡をお願いします。

  • パケット通信料金の高額利用防止について
  • 高額なパケットが発生する事例
  • 各社のサービスを利用しよう