携帯・PHSのSIMカードについて

携帯電話に入っている「SIMカード」をご存じですか?

『SIMカード』って、なに?

SIMカード(シムカード、Subscriber Identity Module Card)とは、GSMやW-CDMAなどの方式の携帯電話で使われているICカードです。NTTドコモ=FOMAカード、au=auICカード、ソフト バンク=USIMカード、WILLCOM=W-SIM、と各社呼びかたは違います。W-CDMAなどの第三世代(3G)携帯電話用のSIMカードは機能が 拡張されており、UIMカードないしUSIMカードと言いますが、基本的に互換性があるため、特に区別せずにSIMカードと呼ばれることが一般的です。

『SIMカード』で、なにができるの?

SIMカードには、IMSI(International Mobile Subscriber Identity)と呼ばれる固有の番号及び携帯電話番号等が登録されており、海外で使用できない携帯電話の機種の場合でも別の携帯電話機に差し込んで利用可能です。また、ひとつの携帯電話機で複数の電話番号を切替えて使用したりすることもできます。

但し、SIMカードは個別の携帯電話番号を認識するための重要な情報が登録されている大切なカードです。クレジットカードやキャッシュカードなどと同様に、万が一、盗難などで紛失してしまうと、第三者に利用されてしまう可能性がある、とても大切なカードですので、ご利用方法を確認し、きちんと管理・利用することが重要です。

NTTドコモ/FOMAカード
NTTドコモ/FOMAカード
NTTドコモ/FOMAカード
au/auICカード
NTTドコモ/FOMAカード
ソフトバンク/USIMカード
NTTドコモ/FOMAカード
WILLCOM/W-SIM

SIMカードは、携帯電話番号、電話帳、回線契約に関わる情報など、携帯電話を使用する際に必要となる重要な情報が記録されています。SIMカードを差し替えるだけで携帯電話機の機種変更ができる便利なシステムですが、万が一の紛失に備えて、安全のために「PINコード」でロックを掛けておくと安心ですね!

  • パケット通信料金の高額利用防止について
  • 高額なパケットが発生する事例
  • 各社のサービスを利用しよう